こちらは覚念寺ほほえみ法話でございます。今回の法話は「二河白道」についてのお話をさせていただきたいと思います。

 

「二河白道」というお話は浄土真宗の七高僧に数えられている「善導大師」の説かれた浄土往生を願うあり方を示した喩え話であります。

 

昔々、ずっと西に向かって歩き続ける旅人がいました。しかし途中で大河に出遭いました。南には激しく燃え盛る火の河、逆の北には荒れ狂った水の河がありました。旅人は困りました。南も北も迂回して行くにも果てが見えなくて途方にくれてしまいました。しかし、よく見ると、その火の河と水の河との間に幅15センチくらいで長さが100歩程度の細い白道がありました。ところが白道には火炎や荒波が次々と襲い掛かってくるのです。辺りを見回しても人影もない。時に孤独になった旅人を殺してやろうと沢山の野獣達が旅人を狙っています。恐れをなした旅人が西へ向かって走ったが、この大河を見てつぶやきました。「迂回はできない。白道は狭くて進めない。どうして進むことができよう。このままでは必ず死んでしまう。来た道を帰れば野獣達に殺されてしまうし、白道を行けば飲み込まれてしまう。」と。旅人は追い詰められました。恐怖のどん底で旅人は考えました。「帰ることも死、白道を進んでも死ぬかもしれないが、いっそこの道を前へ向かっていこう。道がある限り渡れるはずだ。」と白道を突き進むことを決心しました。すると東の岸から「汝、ただこの道を行くことに決めよ、この道に死はない、とどまれば死あるのみ」という声がしました。同時に西の岸から「汝、一心正念にまっすぐ来い、我よく汝を守ろう、水火に落ちることを恐れるな」と呼ぶ声がしました。行けと進める声と来いと呼ぶ声を聞き、旅人は恐れ疑う心なくまっすぐに白道を歩みました。すると東の岸の野獣達から「その道は危ないから帰って来い、我々はあなたに悪心を持っていない」と甘いささやきがあったが、旅人は一心に念じてまっすぐ歩み続け、やっとの思いで西の岸に到着しました。そこに待ち受けていたのは友と相見えて喜び、楽しみがやむことない世界であったというお話です。

 

このお話は東の岸は娑婆世界・西の岸は極楽浄土・水の河は人々の貪りの心・火の河は怒り憎しみの心・無人の荒野は道を示してくれる人に会えないこと・野獣達は人間の欲望執着を生む迷いや悩みのこと・白道は清らかな願往生の心・東の岸から聞こえた声は釈尊の教え・西の岸の呼ぶ声は阿弥陀仏の本願をあらわしています。

 

私たちは罪悪苦悩に満ちた世界にあって、釈尊の教えに励まされ、阿弥陀仏の大慈悲に支えられて、願往生の白道をわたっていくのであります。ひたすら弥陀の本願を信じ、念仏することによって救いの道が開けることお教えくれました。

次回のほほえみ法話は31日に更新させていただきます。またお聞きください。よろしくお願いいたします。

合掌

トップページ